むち打ち│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

むち打ち症は、とても厄介・・

「むち打ち」と聞くと、交通事故で首を痛めだけ・・安静にしていれば治るのだろうと思う方がいるかもしれませんが、実際はとても厄介なものです。

 

多く場合は、事故当日にはあまり症状がなく、事故翌日になってから症状が現れます。

翌日ならいいのですが、事故後、何週間も経ってから症状が現れる場合もあるのです。

また、通常は3週間ほどで症状が改善すると言われますが、治ったと思った症状が、何ヶ月・何年も経ってからぶり返すケースもあります。

頸部には、多くの血管や神経が集中しているため、事故の時に負った小さな傷が、後々に大きな問題に発展することもあるのです。事故に遭ったあとは、たとえ症状が軽くても、病院できちんと診察を受けるようにしましょう。

 

むち打ち症にも種類がある?!

一般に「むち打ち症」と言われるものは、正式には「頚椎捻挫」・「外傷性頸部症候群」と言います。

事故の衝撃によって、首が可動域を超えてしまい、頸部周辺の筋肉や靭帯の損傷や神経の損傷などを起こします。頸部の損傷状態によって、症状が異なってきます。

むち打ちの種類

頸椎捻挫型・・

頚椎周辺の筋肉や靭帯などの損傷で、むち打ち症の7~8割はこれに該当します。首や肩、背中の痛みやコリ・頭痛・めまい・吐き気などの症状を起こします。

首や肩の動きを制限されますが、3週間ほどで改善していくと言われます。

 

神経根型(神経損傷)・・

頸椎周辺の神経根が圧迫や損傷をうけることにより、片側の肩や腕の痛みやしびれ・筋力低下・感覚麻痺・顔面痛などの症状が現れます。咳やくしゃみなどの動作によって、症状を強く感じます。

 

脊髄型(神経障害)・・

頸部の脊髄の損傷がある場合、両側の上肢・下肢に痛みやしびれ・麻痺などが現れます。巧緻運動障害・歩行障害・膀胱直腸障害などを起こすこともあります。

 

バレ・リユウー症状型・・

頸椎に沿って走る椎骨動脈の血流低下により、交感神経の働きが悪くなります。「後部交感神経症候群」とも言われ、頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気などを起こします。自律神経失調症を起こすことになり、様々な不調の原因となります。

 

むち打ちは、整形外科では改善が難しい?

整形外科では、レントゲンやMRI・CTなどで、症状の原因を調べ、症状に合わせた治療を行います。

しかし、レントゲンやCTでは、筋肉の緊張や捻挫は映りません。そのため、根本的な治療を行えないのです。それぞれの症状への対症療法となるため、症状の改善が難しいと言えます。

整形外科では行えない根本的治療は、整骨院や接骨院で行なうことが出来ます。病院で治療を行っても、症状の改善がない場合は、整骨院や整体院に転院してみるのも一つの方法と言えます。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでます。