寝違い│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

寝違いの原因は、首ではない?!

朝起きると、痛みで首が動かせない・・

そんな経験ありませんか?寝違いを起こすと、痛みが改善されるまで、憂鬱な気分になってしまいます。

首に痛みを感じるため、首をマッサージしたり、ゆっくりと動かしてみたりする方は、少なくないと思います。

 

しかし、寝違えの根本的な原因は、首ではなく、脇の下の神経の圧迫なのです。

 

この神経は「腋窩(えきか)神経」と呼ばれるもので、首を支える筋肉につながっています。

寝ている間などに、この神経を長時間圧迫し続けことで、血行不良でしびれを起こし、首に痛みを起こします。

 

 

寝違えは、首のストレッチで悪化する?

寝違えの症状としては、「首が思うように回らない」「首があまり動かせない」といった首にトラブルを起こします。

寝違いを改善しようと思うと、痛みのある首にアプローチをしたくなります。けれど、それは逆効果です。首の痛みを起こしているのは、筋肉の過緊張による炎症です。

眠っている間に、血行不良が起こり、筋肉が正常な働きが出来なくなっているので、頭を支える首や肩の筋肉が、起きたと同時に急激に使われることで、過緊張を起こしてしまうのです。

そのため、マッサージやストレッチなどで首を動かすと、さらに筋肉の緊張が高まり、痛みが悪化することになってしまいます。

 

慢性的な肩こりは、寝違えを起こしやすい!

寝違えによって起こる首の痛みは、筋肉の過緊張と言えます。

過緊張はどうして起こるのでしょうか・・?

例えば、重たいものを持ち上げた時などに起こる「ギックリ腰」

ギックリ腰も、筋肉の過緊張が原因なのです。筋肉に急激な負担が掛かることによって、過緊張を起こすことになるのです。

肩コリの方は、血行不良によって筋肉の疲労が蓄積されています。

そのため、筋肉は硬くなり、正常な働きが出来なくなっています。元々が血行不良な状態で、筋肉の働きが悪いので、少しの負担でも過緊張を起こしやすくなります。

 

 

血行をよくすれば、寝違えは治る?

血液は、新鮮な酸素や栄養を、各細胞に送り届けています。

これにより、新しい細胞へと生まれ変わることになり、カラダを回復していくことが出来ています。血行が悪くなれば、筋肉の疲労も蓄積されることになります。

逆に、血行がよくなれば、筋肉の働きもよくなるため、寝違えを起こしにくくなると言えます。

また、カラダを回復させる力が強くなる=自然治癒の力が働くことになるため、症状の改善も早くなると言えます。