むち打ち│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

むち打ち症って、どうしてなるの?

交通事故などでよく聞く「むち打ち」・・聞いたことがあっても、詳しく理解している人は少ないかと思います。

そもそも「むち打ち」は、正式名称ではありません。

正式には、「頚椎捻挫」「外傷性頸部症候群」などと診断されます。

カラダに急激な衝撃が加わることで、カラダが押し出されます。

頭は一瞬取り残された後に、カラダに引っ張られて動くことになります。この動きが、ムチを打った時の動きに似ていることから「むち打ち症」と言われています。

首が置き去りにされることで、首が可動域を超えてしまい、頸部周辺の筋肉や靭帯の損傷・頸椎周辺の神経の損傷などを起こしてしまいます。

 

交通事故の日は、症状が現れない?

事故にあったその日は、症状がほとんどなく、事故翌日になってから、症状が現れます。

事故にあってから、何週間も経って症状が現れる場合もあります。

実際に、頸部の痛みを感じて病院を訪れると、2週間前に起こした自転車での事故が原因だった・・というケースもあります。

事故を起こした場合は、症状がなくても、必ず病院で診察を受けて下さい。

 

むち打ち症は、首の痛みだけではない・・

多くの場合は、頸部の筋肉や靭帯の損傷による「頸椎捻挫」となります。

足首や手首の捻挫を経験したことがある方は、それが首に起きたと考えるといいでしょう。

 

ムチ打ちの症状

症状としては、首や背中の痛みやコリ・頭重感・頭痛・めまい・吐き気・肩の痛みやコリなどがあり、首や肩の運動制限をされることになります。

頸椎周辺の神経の損傷がある場合は、神経障害を起こすことがあります。

神経根に障害があると、片側の上肢の痛みや痺れ・感覚麻痺・顔面痛・後頭部の痛みなどの症状が現れます。この場合、咳やくしゃみなどで、痛みが増強します。

 

頚椎の脊髄に損傷がある場合は、両側の上肢・下肢に症状が現れ、感覚障害・巧緻運動障害・歩行障害・膀胱直腸障害などを起こすことになります。

また、頸椎に沿って走る椎骨動脈の血流が悪くなることで、「交感神経」の働きが悪くなることがあります。「バレ・リユウー症候群」「後部交感神経症候群」などと言われるもので、頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気などの症状が現れます。

交感神経の働きが悪くなると、自律神経の乱れとなるため、「自律神経失調症」を起こし、様々な不調の原因になっていくことになります。

 

むち打ち症でない、別の疾患

衝撃によって、脳を守る髄液の膜が破れることがあります。「脳髄液減少症」と言われ、頭痛・めまい・視力低下・思考力低下などの症状を起こします。

特徴として、天候によって症状が左右されます。何年も症状が続く場合が多く、専門医の診断がなければ、わかりにくい疾患です。自覚症状があれば、早めに専門医を受診してください。