むち打ち│岐阜市産後骨盤矯正専門整体院

むち打ち症って、どんな症状?

車の衝突事故などで、カラダに大きな衝撃を受けると、「むち打ち症」を起こすことがあります。

 

正式には「頸椎捻挫」・「外傷性頸部症候群」と言われるもので、事故などの衝撃によって、首とカラダの動きが、鞭を打った形に似ていることから、「むち打ち症」と呼ばれています。

突然の衝撃によってカラダが押し出されたとき、重たい頭は一瞬置き去りになります。

その後、カラダに首が引っ張られるので、首が可動域を超えてしまい、頸部周辺の筋肉や靭帯、神経などの損傷を起こすことになります。多くの場合は、首や肩、背中のコリや痛み・頭痛・めまい・吐き気などを起こす「頸椎の捻挫」による症状が現れます。

 

頸部にある神経根や脊髄に圧迫・損傷を受けた場合は、上肢や下肢のしびれや麻痺・筋力低下・感覚麻痺などを起こすことになります。また、椎骨静脈の血流低下を起こすと、交換神経の働きにも影響を及ぼすため、自律神経の乱れを起こすことになります。

 

肩や首の痛み・・むち打ちの後遺症?!

軽いむち打ち症であれば、3週間ほどで症状は改善すると言われますが、治ったと思っていたむち打ち症が、何ヶ月、何年も経ってから現れる場合があります。

むち打ち症は、頸部に何らかの損傷を起こしているため、頸部にトラブルを抱えることになります。事故の時は、なんともなくても、少しずつ筋肉や靭帯の働きに支障をきたす場合があります。

また、頸部に集中している、多くの神経や血管の働きにも影響してきます。小さな傷が、後々に大きな問題になる可能性があるという訳です。そのため、事故に遭ったら、「たいしたことない」などと言わず、きちんと病院での診察を受けるようにしましょう。

 

むち打ち症は、原因がない?!

整形外科などで、レントゲンやMRIなどの検査を行っても、原因がハッキリしないことがあります。筋肉の緊張などは、レントゲンには写らないからです。

そのため、自覚症状があるのに、「異常なし」と言われることも少なくありません。痛み止めなどの薬などによって、症状を緩和することは出来ますが、原因が分からなければ、根本的な治療を行うことが出来ません。では、どうしたらいいのでしょうか・・

症状があるのですから、何らかの根本的な原因があるはずです。

ただ、その原因が専門外ということなのです。接骨院や整体院などに転院して、病院では治療が出来ない、筋肉や靭帯のバランス、カラダの歪みなどを改善することが、むち打ち症の改善に繋がると言えます。医師と相談しながら、しっかりと治療していきましょう。